食べる

箱そばグランプリに「コロッケそば・うどん」 小田急レストランシステム

グランプリを獲得した「コロッケそば・うどん」

グランプリを獲得した「コロッケそば・うどん」

  •  
  •  

 小田急レストランシステム(東京都渋谷区)が運営する「箱根そば」が提供する「コロッケそば・うどん」が「箱★1グランプリ」でグランプリを獲得した。

2位になった「かき揚げ天そば・うどん」

 2015年から8月5日を「箱そばの日」として記念日に制定している同社。今年は「箱そばの日」に向け、7月1日~25日の間、箱根そばの定番メニュー10品の中から投票により順位を決定する「箱★1グランプリ」を行った。

[広告]

 その結果、3万票を超える投票の中から、「コロッケそば・うどん」(400円)が2万123票を獲得して第1位となりグランプリを獲得した。2位に「かき揚げ天そば・うどん」(390円・5827票)、3位に「天玉そば・うどん」(450円・1601票)の順となった。

 同社では今回の結果を受け、第1 位・第2位に輝いた「コロッケ」と「かき揚げ天」の無料トッピングクーポン8万5000枚のプレゼント企画を実施したところ、数日で配布が終了するほどの人気だった。

 「コロッケそば・うどん」は、独自のレシピにより北海道産のジャガイモのみを使ったカレー味が特徴で、昨年1年間で約50万個が消費された人気のメニュー。コロッケそば・うどんのルーツが、銀座の老舗店説や大阪説、箱根そば説などある中で、箱根そばが普及に一役買ったのは事実で現在でも多くのファンがいる。

 小田急レストランシステム担当者は「箱根そばが昭和50年代にメニュー化して普及したといわれているヒット商品で、多くのファンによって支えられている。その根強い人気に支えられた結果がグランプリとなった。これからもおいしい商品を提供していきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加