食べる

小田原で春を呼ぶ「梅」を生かしたスイーツ ひとつひとつ手作りで

梅のおいしさをロールに包んで仕上げた逸品

梅のおいしさをロールに包んで仕上げた逸品

  •  

 小田原の「ナチュラル菓子工房citron(シトロン)」(小田原市小八幡、TEL 0465-43-2364)は、小田原の梅の開花に合わせて期間限定のオーダー型スイーツ商品の提供を開始した。

小田原近郊の梅を厳選

 「梅の味は、春を迎えるこの季節、スイーツに良く合う」と話すのは同店・オーナーパティシエの大和田芳実さん。小田原近郊の梅を中心に厳選して使う。梅の味を生かすため注文を受けてから作るオーダースイーツ方式。「小田原の『梅』のおいしさをスイーツで味わってもらえるよう数多くの試作と色々な方法を駆使。自信のあるスイーツに仕上がった」と話す。

[広告]

 用意するスイーツは、小田原ブランドの「十郎梅」を使い、ブレンドした青梅ジャムも使用した「小田原うめジャムロール」(1本18センチ・1,500円)。小田原産の梅と、自家製の梅干し、純生クリームで作るロールケーキ「梅干し生ロール~梅まつり~」(1本18センチ・2,520円)。梅の味を極限まで生かして作り上げたスイーツ「ザッハトルテ~梅~」(15センチ・3,780円)。「小田原うめジャムロール」で使われるジャム単体での販売も行う。

 「現在、小田原では梅まつりが行われ、咲き誇る梅の花がとてもきれい。梅の花は春をよぶ。ワクワクした気持で作り続けている」と大和田さん。注文は電話とホームページで受け付けている。