食べる

「湘南ゴールドエナジー」に新アイテム 早期収穫の果実を使用「ハヤヅミ」発売

湘南ゴールドの収穫作業(1月初めに)

湘南ゴールドの収穫作業(1月初めに)

  •  

 小田原生まれのエナジードリンク「湘南ゴールドエナジー」を展開する森永牛乳小田原販売とUMEMARU Inc.は3月1日、「湘南ゴールドエナジーHAYAZMI(ハヤヅミ)」の販売を開始した。

「湘南ゴールドエナジーHAYAZMI(ハヤヅミ)」(右)と「湘南ゴールドエナジー」(左)

 幻のみかんと呼ばれる「湘南ゴールド」。果実は、マイナス4度を長期間下回る天候が続くと「スアガリ」という状態になり味に変化が生じるため、地域によっては通常より1カ月ほど早く収穫を行っている。

[広告]

 「湘南ゴールドエナジーHAYAZMI(ハヤヅミ)」は、この時期の果実に着目。適度に残った酸味と、独特の食味成分を生かして商品を開発。早期収穫だけの果実を使用し、ハヤヅミ果実をイメージした味付けのエナジードリンクとして誕生させた。

 開発を推進した守屋佑一さんは「今年は寒波のため、早期収穫の湘南ゴールドを充分用意することができ、スムーズに製造することができた。一部の果実は自社農場で栽培したものも使用。心地よい刺激のある酸味で目が覚め元気が出る商品に仕上がった」と話す。

 価格は190円(参考価格)。小田原のコンビニを中心に期間限定販売。