見る・遊ぶ

箱根・旧東海道沿いの「甘酒茶屋」で春間近の銀世界 花見と雪見を楽しむ観光客も

江戸時代初期に創業した旧東海道沿いの「甘酒茶屋」にも春間近の雪景色(写真提供=甘酒茶屋十三代目店主 山本聡さん)

江戸時代初期に創業した旧東海道沿いの「甘酒茶屋」にも春間近の雪景色(写真提供=甘酒茶屋十三代目店主 山本聡さん)

  •  
  •  

 箱根一帯で3月20日の夜から降り始めていた雨は早朝4時ごろから雪になり、白一色の雪景色に変えた。

早朝4時より降り始めた雪は今冬で一番の量

 箱根では昔から、「4月10日までは必ず雪が降る。どんなに桜が咲こうが、カエルの合唱が聞こえようが雪は降り、その後にそろりと春が来る」と言われている。江戸初期に創業した旧東海道沿い「甘酒茶屋」の13代目店主の山本聡さんは「毎年、この時期に雪が降る。今回の雪は、この冬で一番の降り。吹雪いたりしているので囲炉裏(いろり)の火がありがたく甘酒がおいしい」と話す。

[広告]

 早朝、山本さんが仕込みのために店に来ると雪が積もり始めていた。午前中には、畑宿から徒歩で訪れた観光客が茶屋に到着。「小田原で早咲きの桜で花見をし、今日は茅葺き屋根の風流な店で雪見もできた」と春間近の雪景色を楽しんでいたという。

 小田原から始まり徐々に標高の高い地域に咲いていく「桜の山登り」もまもなく始まる。桜と雪が競演すると箱根に春が来る。

  • はてなブックマークに追加