買う

小田原発のサンダル「ギョサン」に高品質ライン 一点もののヒョウ柄受け品薄に

ギョサンの「PANTHER」

ギョサンの「PANTHER」

  •  

 小田原ブランドの漁師用サンダル「ギョサン」から、ハイクオリティーな商品ライン「PANTHER(パンサー)」が店頭販売限定で6月18日に発売された。好評で既に品薄状態になっている。

ギョサン「PANTHER」の訴求ビジュアル

 手作業で行う特殊手法でプリントするため、商品ごとに異なる柄となる。販売するマツシタ靴店(小田原市栄町、TEL 0465-24-2233)の松下善彦さんは「ヒョウ柄にこだわる人が多いため、店頭で柄を確認してから購入していただく方法で販売している。発売と同時に買われていく人が多く予想を上回った」と話す。

[広告]

 ギョサンは利用状況、素材、デザインなどの要素から複数の商品ラインを構築して、ニーズに合わせたブランド戦略を展開している。「PANTHER」はその中でも高品質なラインとして位置付け開発。「カジュアルやスポーティなファッションの季節になり、足元にもおしゃれ感を演出したいと考えている方が買われていく。今後は女性用のヒョウ柄の展開やアニマル柄などにも挑戦していく予定」と話す。

 価格は3,000円(税込み)。サイズ展開はL・LL・3L。