食べる

小田原の干物店が感謝の気持ちで「訳あり干物」 1.5キロ200セット用意

「ひもの屋半兵衛」で「訳あり干物」

「ひもの屋半兵衛」で「訳あり干物」

  •  

 小田原の干物店「大半商店」(小田原市東町)が経営する「ひもの屋半兵衛」4代目・椙崎晃久さんは、「6月26日より梅雨のジメジメした気分をお得な干物で吹き飛ばす『訳あり干物』企画をまたまた開催」と話す。

「大半商店」での干物製造工程の様子

 「訳あり干物1.5キロをネット限定で販売。感謝の気持ちを込めて200個限り」と言葉を続ける椙崎さん。「大半商店」と「ひもの屋半兵衛」が本格的にネット販売に注力したのは、2015年4月から。

[広告]

 このとき箱根の火山活動が活発化し、5月6日には「噴火警戒レベル」が1(平常)から2(火口周辺規制)に変更。更に30日には、「火口周辺警報」が発表され、噴火警戒レベルが3(入山規制)へと引き上げられた。

 そして、観光客の足が遠のき販売に影響が出始めた。地元の旅館や料理店、魚店向けのチャネルでも注文が激減。「品質の良い魚が入り、おいしい干物がそろってもお客さんが来ない状態が続いた。新たなチャネルを構築し販路を広げる必要に迫られた。その解決策として必死にネットショップの充実を図った」と当時を振り返る。

 その後、火山活動は収束。観光客も以前より多くなり店頭での販売や旅館などからの注文も元に戻った。このときからネットショップで買っていただいた方々への感謝の気持ちとして、定期的にネット限定の企画を実施している。

 干物の製造過程で、大きさなどの規格外商品が生じる。規格外ではあるが味は全く変わらないため、リーズナブルな分、より多く味わえるので喜ばれている「訳あり干物」企画。今回は、1.5キログラムをセットして販売。価格は1,980円。2個=3,500円、3個=5,000円、4個=6,000円。店頭で買うよりお得でこの価格の中に送料・消費税も含まれている。