天気予報

24

18

みん経トピックス

箱根で夏限定パフェと紅茶小田原で夕方開催の軽トラ市

小田原の干物店で「生しらす塩辛」 湘南の珍味が話題に

小田原の干物店で「生しらす塩辛」 湘南の珍味が話題に

「生しらす塩辛」

写真を拡大 地図を拡大

 小田原の干物店「大半商店」が経営する「ひもの屋半兵衛・早川店」(小田原市早川、TEL 0465-42-9755)が現在、「生しらす塩辛」を取り扱っている。

「湘南の漁師が作った奇跡の珍味」といわれ話題に

 「ひもの屋半兵衛・早川店」の開店と同時に販売を始めた「生しらす塩辛」。相模湾のシラスの持つうま味を生かして塩辛にした商品で、塩加減も優しいため「根強い人気」があるという。

 新鮮な生シラスに米糀を加えて手早く仕込み、じっくり熟成させる手法で製造。「酒のお供や白いご飯、お茶漬けに最適」という。パスタに絡める料理でイタリアン料理店のシェフなどからの問い合わせも多い。

 同店4代目の椙崎晃久さんは「地元の方にも遠方の方にも好評で、相模湾のシラスの不漁が続いたりしたため品薄が続いた。今年は相模湾で昨年よりも水揚げが順調なため在庫に余裕ができた」と話す。椙崎さんは、シラス漁のシーズン終了とともに製造も終わるので早めの入手を勧める。

 価格は595円(100グラム)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ポーラ美術館
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング