食べる

箱根で2人の女性パティシエが作る夏のスイーツ 9層に重ねたパフェ話題に

花かごをイメージした9層パフェ「マスカットパフェ~花かご~」

花かごをイメージした9層パフェ「マスカットパフェ~花かご~」

  •  

 箱根・芦ノ湖畔のデザートレストラン「プレミアムショップ&サロン・ド・テ ロザージュ」(箱根町元箱根 山のホテル別館)で2人の女性パティシエが作るスイーツが話題になっている。

7月に提供され話題になった大人のパフェ「オレンジとアールグレイのパフェ」

 人気を集めているのは夏限定メニュー。7月31日まで提供した「オレンジとアールグレイのパフェ」が注目を集めた。開発・製造は女性パティシエの相馬生久実さんが担当した。

[広告]

 8月1日からは、花かごをイメージした「マスカットパフェ~花かご~」に変わり、こちらも好評。こちらの担当は、やはり女性パティシエの島野唯さん。

 どちらのパフェも9層に重ねた構造。8月の「マスカットパフェ~花かご~」では、フレッシュマスカット、ミルクのソルベ、白ワインのジュレ、レモンのコンポート、レモンのクリーム、巨峰のソルベなどが積み重なっており、さまざまな味を一度に味わうことができる。

 6月~8月の3カ月間提供している「ココナッツムース~爽やかな柑橘類を添えて~」も好調で追加注文する客も多いという。

 この夏、相馬さんと島野さんの2人のパティシエが作り出す夏のスイーツが湖畔のレストランににぎわいを作りだしている。

 営業時間は10時~17時。価格は1,604円(ティーセット=2,317円)。「マスカットパフェ~花かご~」と「ココナッツムース~爽やかな柑橘類を添えて~」の提供は8月31日まで。