見る・遊ぶ 買う

箱根の富士屋ホテルで女性チームが「入浴パウダー」 女性目線で多くの実績

「富士屋ホテル入浴パウダー」

「富士屋ホテル入浴パウダー」

  •  
  •  

 富士屋ホテルチェーンの女性スタッフによる女性目線の新商品やサービスの提案をするプロジェクトチーム「F STYLE PROJECT(エフ スタイル プロジェクト)」が、温泉水を使った入浴パウダーを企画し販売を開始した。

2011年11月に発売されたホテルのオリジナルマスコット「テディベア」ミニサイズ

 商品のネーミングは「富士屋ホテル入浴パウダー」。香りは、富士屋ホテル館内のアロマのベースとなっているヒノキ。湯色 は 朝もやに包まれる箱根の森林をイメージした 淡緑色を採用。パッケージのデザインも、1960年代に英字新聞に描かれた富士屋ホテルのイラストを再現している。

[広告]

 6月より販売したところ、パッケージのノスタルジックな富士屋ホテルのイメージが好評。ヒノキの香りも喜ばれ、日常使用のほか、プレゼントや土産ニーズも高い結果になっている。

 「F STYLE PROJECT」の企画力と開発力が社内外で注目されたのは2011年11月4日。女性の感覚と目線を大切なして、富士屋ホテルと地域の魅力を発信したウェブサイト「F-STYLEコンシェルジュ」の発信から始まる。プロジェクトメンバーが納得いくまで取材し、脚を運んで記事にした内容が評価され、アクセスも多い。

 併せて、創業130周年を記念したオリジナルマスコット「テディベア」を2008年より販売を開始していたが、「小さいサイズのものが欲しい」という女性宿泊者の声に注目。「F STYLE PROJECT」が直ちに商品化。予想を上回る販売実績を上げた。

 同年12月には、「評価の高い富士屋ホテルの食パンを使ってスイーツを作りたい」との思いを実現。食パンスイーツ「あったかパンプディング」を作り販売。女性のみならず幅広い人々から好評で、「夏の宝石箱~パンナコッタとジュレの二層仕立て~」(2012年)、「パン オ ショコラ」(2013年)と継続販売された。

 女性が開発したやさしい味付けの「箱根姫籠膳」も話題商品となっている。料理長と女性プロジェクトのメンバーが一体となって作り上げた弁当で、湯本富士屋ホテルで販売され定番化した。

 「富士屋ホテル入浴パウダー」の販売価格は 1,500 円(税別)。1セット(25g・個包装×7 包)。富士屋ホテル別館「菊華荘」、オンラインショップ「富士屋ホテル倶楽部」で取り扱う。

  • はてなブックマークに追加