見る・遊ぶ

小田原でランニングイベント「ランタイムトライアルフェス」 ペースメーカーも参加

小田原で初の「ランタイムトライアルフェス」 実施概要発表

小田原で初の「ランタイムトライアルフェス」 実施概要発表

  •  
  •  

 小田原ナイトランナーズ(小田原市荻窪)と湘南ゴールドエナジー(荻窪)は、11月16日に小田原市城山陸上競技場(城山2)で開催する「第1回ランタイムトライアルフェス」の最終実施概要を発表した。

「第1回ランタイムトライアルフェス」の訴求ビジュアル

 初心者ランナーから記録更新を目指すベテランランナーまでを対象にして行う同フェス。参加人員数の把握により細目が決定した。既に応募は行われており参加応募数は予定を上回ることが予想されている。

[広告]

 小学4年生以上、中学生、成人を対象とし、小・中学生の参加料が無料となる「1000メートルトライアル」と、自らの走行スピードを把握し自身が持つタイムに挑戦できる「5000メートルタイムトライアル」の2コースで行う。

 「5000メートル」では、ペースごとにランナーをグループ化。タイムに会わせてペースメーカーも走るため、安心して自己記録に挑戦できる。ペースメーカーには、全国高校総体3000メートルSC優勝や静岡国体山岳競技準優勝し箱根駅伝にも出場している小田原ナイトランナーズの安池一公さんと、元カネボウ陸上部所属・日本陸上競技選手権5000メートルで優勝している瀬戸智弘さんなど経験豊かなランナーがペースメーカーとして参加する。

 主催する小田原ナイトランナーズの安池さんは「大人になってからランニングを始めた方の競技場デビューなど幅広く参加できる内容で行う。ぜひ参加を」と話す。共催する湘南ゴールドエナジーの守屋佑一さんも「趣味で走っているランナーの場合、自分が5000メートルをどれくらいで走れるか知らない方も多い。ペースメーカーと一緒に走って自分の走りを把握してもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は17時~。参加申し込みはe-モシコムから。募集人員は200人。

  • はてなブックマークに追加