買う

米を買うとバラ1本プレゼント 小田原の米穀店、購入客に100本進呈

志村屋米穀店で進呈される稲毛農園のバラ

志村屋米穀店で進呈される稲毛農園のバラ

  • 0

  •  

 小田原の志村屋米穀店(小田原市浜町)は、昨年に続き「少しでも気持ちを和らげて元気に過ごしてほしい」という願いを込め、米の購入客に稲毛農園(小田原市上曽我)のバラ1輪を進呈している。

志村屋米穀店で米を買うと稲毛農園の稲毛朋信さんが大切に育てたバラが1本進呈される

 昨年実施して好評だった「バラ1本プレゼント」。店主の志村成則さんは「思わぬバラのプレゼントに感動する人も多くいた。感染への不安や生活の変化で暗い日々が続いている。バラを飾って少しでも気持ちを和らげてほしい」と今年も実施した。

[広告]

 神奈川県はバラの全国有数の産地。現在では生産量は減少しているが、1975(昭和50)年には平塚市が全国一の産地になった歴史がある。現在では、個性あるバラの産地として知られている。

 昨年に続き、今回使うのは足柄平野にある稲毛農園のバラ。稲毛朋信さんが大切に育て、きれいに咲き続けることで評価の高いバラ100本を進呈する。志村成則さんは「たった1本だが、少しでも癒やされていただければ」と願いを込める。

 100本限定で無くなり次第終了。営業時間は8時30分~17時30分。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース