食べる

神奈川・大井町「天ぷら満天」で「ソフトシェルクラブ」再開 「もう一度食べたい」の要望に応えて

注文が相次いでいる「ソフトシェルクラブの天ぷら定食」

注文が相次いでいる「ソフトシェルクラブの天ぷら定食」

  • 138

  •  

 素材の味と旬や季節を大切にして調理する「天ぷら満天」(大井町金子、TEL 0465-46-9789)で「ソフトシェルクラブの天ぷら」を提供し、来店客から注文が相次いでいる。

要望に応えて「ソフトシェルクラブの天ぷら」の提供を再開した「天ぷら満天」

[広告]

 店主の渡辺賢吾さんは「4月に提供したが、好評で仕入れた分が数日で完売し入荷待ちとなってしまった。脱皮したての厳選したカニを仕入れるため数に限りがあるが、味わった方々から『ぜひもう一度食べたい』との要望も多かった。今回は仕入れのメドも付いたので提供を再開した」と経緯を話す。

 ソフトシェルクラブ(Soft shell crab)は脱皮直後のカニ。カニの殻をむかずに食べるために、脱皮直後の柔らかな内に調理して味わう。柔らかな=Soft、殻=shell、カニ=crabから「ソフトシェルクラブ」と呼ばれている。

 「天ぷらの素材として注目され始めている。柔らかさと独特の食感と味が評価されている」と渡辺さん。「ソフトシェルクラブ、舞茸(まいたけ)、ブロッコリー、玉ねぎのかき揚げとセットにした『ソフトシェルクラブの天ぷら定食』か、タレのかかった『ソフトシェルクラブの天丼』を提供する。ぜひ味わっていただければ」と呼び掛ける。

 価格は1.518円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース