食べる

テレビ東京「孤独のグルメ」シーズン9の舞台は二宮町 金目鯛とパフェ

「孤独のグルメ」シーズン9で二宮の金目鯛を紹介 (C)テレビ東京

「孤独のグルメ」シーズン9で二宮の金目鯛を紹介 (C)テレビ東京

  • 914

  •  

 テレビ東京の番組「孤独のグルメ」シーズン9・第2話で、二宮町の「金目鯛(きんめだい)の煮付け」と「五郎オリジナルパフェ」が紹介される。

絶品の「金目鯛の煮付け」と巡り会う

[広告]

 「孤独のグルメ」は原作・久住昌之さんと、作画・谷口ジローさんによる漫画で、扶桑社の「月刊PANJA」(1994年~1996年)に連載。その後、「SPA!」(2008年1月15日号)で読み切りとして復活し2015(平成27)年まで新作が掲載された。テレビ東京がグルメドキュメンタリードラマとしてシリーズ化したのは2012(平成24)年1月からでSEASON9が2021年7月から始まっている。

 主人公の井之頭五郎を松重豊さんが演じ、地域に「味本位の名店」を1人で訪れて至福の時間を過ごす。松重さんのおいしく食べてみせる「食べ芸」にはファンがおり、紹介された店には放映後、多くの人が訪れる。

 仕事で神奈川県の二宮駅に訪れた五郎(松重豊)。商談まで時間があるため喫茶店に入る。ここで注目したのが、メニューにある「自由に組み合わせが選べるオリジナルパフェ」の文字。悩みに悩んだ五郎は、ある方法でパフェを決める。

 商談後、空腹のため店を探し、「金目の煮付」と書かれたのぼりを発見。海沿いに立つ「魚料理屋」で五郎は金目鯛と巡り合い、新鮮な金目鯛の煮付けを楽しむストーリー。

 放送は7月16日深夜0時12分から。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース