食べる

地元食材を使った「冷麺」-ザ・プリンス箱根が夏の限定メニュー

レストラン「ル・トリアノン」で提供

レストラン「ル・トリアノン」で提供

  •  
  •  

 ザ・プリンス箱根(箱根町元箱根、TEL 0460-83-1111)は8月1日から、地元食材を使った食のフェア「かなパク」を展開する。

 15回目となる同企画は、地元の食材を使い、隠れた名産を広く知らせることを目的に神奈川県内のプリンスホテルが行っている。これまで小田原産のキンメダイやアジ、シイタケやイチゴなどの食材が使われている。今回のテーマは「暑さに負けない!涼を感じる麺」。

[広告]

 同ホテルでは3種の冷たいパスタを盛り合わせた「さっぱり夏味の三種の涼麺」を提供する。マテ茶を練りこんだパスタにはシラスと梅ドレッシングをかけ、トマトの器にはトマトソースのカッペリーニを盛り付ける。ゴマドレッシングをかけた「そうめんかぼちゃ」は、ゆでると麺のようにほぐれシャキシャキとした食感が特徴。ほかにも相模湾のアジや神奈川県産の野菜を添える。

 料金は2,800円(スープ・デザート・コーヒー付き)。営業時間は12時~14時30分。9月30日まで。

  • はてなブックマークに追加