食べる

「佐藤錦」を使ったチェリーボンボン、小田原の洋菓子店が限定販売

チョコレートがけした「チェリーボンボン」

チョコレートがけした「チェリーボンボン」

  • 0

  •  

 小田原のケーキショップ「B ackstube IMAYA(バックシュトゥーベ・イマヤ)」(小田原市酒匂、TEL 0465-49-7730)が現在、「チェリーボンボン」を限定販売している。

お持たせにも好評の箱入り「チェリーボンボン」

 山形の島貫果樹園のサクランボ「佐藤錦」をチョコレートで包んだ同商品。5月にチェリーブランデー漬け、半年の時間をかけて染み込んだところで、フォンダン(液状の砂糖を再結晶させたもの)をかけチョコレートで包んで仕上げる。半月ほど寝かせておくと、フォンダンとチェリーブランデーが浸透圧で混ざり、果肉が溶けてチョコレートの中は甘い酒になる。食べ頃になると中は空洞状態になり独特の味と食感になる。

[広告]

 毎年、販売開始後急いで買い求めるリピーターも多いという。同店オーナーパティシエの今屋健一さんは「食べ頃になると、お酒の味もまろやかになり、お酒が飲めない人でも甘いものが大好きな人にはおいしく食べられる。半年前に漬けたサクランボを使うので数に限りがあるが、ぜひ味わっていただきたい」と利用を呼び掛ける。

 価格は、1個=210円、箱入り6個=1,430円、同10個=2,330円。営業時間は9時~18時。日曜・月曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース