食べる

土用の丑の日を控えて「うなぎパイ」完売 「うなぎパン」に続く第2弾

7月18日の1日で完売した「うなぎパイ」

7月18日の1日で完売した「うなぎパイ」

  • 128

  •  

 「パン工房ジョイ」(小田原市永塚)が、「土用の丑(うし)の日」商品として「うなぎパイ」(200円)を売り出したところ7月18日の1日で完売した。

タレがパイ生地になじみ好評の「うなぎパイ」

 社会福祉法人永耕会「デイセンター永耕」のパン製造部門として製造・販売を行っている「パン工房ジョイ」。「食べておいしく見て楽しい」をモットーに新商品の開発を行っている。既に6月には「土用の丑の日」商品として「うなぎパン」(350円)を販売し好評だったことから、第2弾として「うなぎパイ」を開発し販売した。

[広告]

 パン事業を推進する三浦昌弘さんは「あっという間に売り切れた。土用の丑の日の持つ意味を改めて認識した。タレがパイ生地に染みこんでおいしさが倍増したのが好評の理由。パン生地とパイ生地の違いも味わっていただければ」と話し「うなぎパン」のPRも忘れない。

 「一の丑」に当たる7月20日には、納入先であるカフェ「ワンダフル」(小田原市栄町)で買い求めることができるという。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース