食べる

小田原の菓子店が「天使のXマスケーキ」 ウィーンのXマスをモチーフに

クリスマスケーキ「ノエルチェリスタ」

クリスマスケーキ「ノエルチェリスタ」

  •  

 小田原の菓子店「ナチュラル菓子工房citron(シトロン)」(小田原市小八幡、TEL 0465-43-2364)で、イブに向けてクリスマスケーキ「ノエルチェリスタ」の準備が進んでいる。

ウィーンのクリスマス

 オーナーパティシエの大和田芳実さんは「今年のシトロンのクリスマスは『ノエルチェリスタ』。チェリスタは、楽器のほかに天使という意味があるので『天使のクリスマスケーキ』。イチゴではなくかんきつ類を使用した自信作」と話す。

[広告]

 大和田さんがオーストリア・ウィーンのクリスマスマーケットを歩いたとき、天使(チェリスタ)のモチーフが多いことに驚いたという。天使に囲まれて飲むホットワインには、かんきつ類の味が生きており格別においしかったことに感動。「いつか天使とかんきつ類を使ったクリスマスケーキに挑戦しよう」と決めていた。

 そして誕生したのが今年のクリスマスケーキ「ノエルチェリスタ」。素材の主役は、青山園(江之浦)のかんきつ類。無農薬・減農薬栽培で生産されたかんきつ類を使用している。大和田さんは「スッキリとしたおいしいかんきつ類。味が濃く、しっかりとした甘みとさわやかな酸味が特徴」と話す。ふわふわの白いスポンジ、純白の純生クリーム、爽やかなかんきつ類のクリスマスケーキで「ノエルチェリスタ」が誕生した。大和田さんは「イチゴではないクリスマスケーキはいかが?」と呼び掛ける。

 価格は5号(15センチ)=3,240円。生チョココーティングバージョン5号=3,780円。4号から7号まで販売可。予約限定。